概要

弊社では、独自の成型ノウハウを駆使し、高精度・高精密・高精細なガラス加工技術としてお客様のニーズにあった製品の提供を行っています。

主な技術(製品)

高精度ガラス管加工

ガラス管外径を高精度に加工する技術です。一般に市販されているガラス管の外径公差は、100㎜のものでは±1.4㎜程度と非常に広く、機械部品としての使用は厳しいとされてきました。弊社では外径公差を±0.08㎜に制御する新製法を開発し、機械部品としての使用を可能にしました。

・主な製品
円筒多感式オゾナイザー用ガラス電極管

段シール加工(Graded seals)

熱膨張係数の異なるガラスを多段につなぎ合わせる技術です。これにより光学的透過特性の優れた石英・サファイアなどとコバールやタングステンなどの封止金属を結びつけることが可能です。

内径成形加工

ガラスチューブ内径に成形治具を入れて加熱加工することで、内径を高精度に加工することが可能です。Φ15×150Lにて、±0.02の内径精度を確保することが可能です。

高品位ドームガラス加工

Φ3の小型品からφ100の大型品までの成形が可能です。小型品は特殊成形加工により、表面歪みの少ない半球状の肉厚均一なガラスドームを成形することを可能としました。ガラスフランジ付き、金属フランジ付きなど、ご要望に応じた形状に対応します。

製品に関するお問い合わせ

※製品情報は、予告なしに変更することがございます。